ボーカル&アコースティックギター担当のカドイリョウとエレキギター担当の長山大輔による2人組バンド。座心音-ZAKONE-の曲はフォークソングであり、同時にロックソングである。
フォークとロック、先人たちが紡いできた二つ魂を、力強いアコースティックサウンドと、空間系を軸としたエレクトリックサウンドに乗せて、強烈な個性を放つ声で歌い上げる座心音のステージは、正に「唯一無二」と呼ぶに相応しい。メンバーは二人共に1993年生。
京都大谷高等学校在学時の同級生だったが、カドイは課外活動を一切せずに家と学校をひたすら往復するだけの日々を過ごしており、その頃音楽活動をしていたのは軽音部に所属していた長山のみであった。

2012年に高校を卒業。
カドイは社会科の教員を志して同志社大学の法学部政治学科へ、長山は就職の足がかりとして立命館大学の理工学部機械工学科へ進学。

その頃にジョンレノンに気触れていたカドイが思いつきでバンド活動を志し、長山に「俺とやったら絶対に売れるから音楽で世界を変えよう!」などと意味不明な誘いをかけ、同じような謳い文句で同じく大谷高校の同級生やカドイの地元の後輩、高校時代の塾の先生を引き入れて社会派ロックバンドを結成。
ここから二人は共に活動を始める。

その後、バンドを作っては潰し、作っては潰し、を繰り返して一歩も先に進めないまま時間だけが過ぎて行く。
その間にカドイは14年、大学を中退。長山は16年に無事に卒業して学士を取得するが、就職活動はしなかった。

先述の通り、バンドとしては殆どライブもできない状況だった二人であったが、共に所属しているアクショングループの「Roots」の活動の一環で、タイやカンボジアなどのアジア諸国でしばしば2人でライブをしていた。

そして、その二人体制でのスタイルに好感触を募らせた二人は、2016年、前身のバンドを解散、座心音-ZAKONE-を結成する。

2017年より、1stフルアルバム『座心音-ZAKONE-』を発売し本格始動